THE CURE / BOYS DON'T CRY - FUJI ROCK FESTIVAL 2019 - (1BDR)

販売価格 1,900円(内税)
購入数

今年はデビューアルバムの『Three Imaginary Boys』リリース後40年で、名盤『Disintegration』のリリースから30年ということで全曲再現ライヴも行っていたり、ロックの殿堂入りを果たすなど話題に事欠かない2019年のザ・キュアー。
そんな話題だらけのザ・キュアーが今や伝説となっている、2時間50分、全36曲を演奏した2013年の出演以来、約6年ぶりの来日。

ベーシストのサイモン・ギャラップが個人的な事情により日本に赴くことができず、代わりに彼の息子エデン・ギャラップがパフォーマンスに参加したという事態おこりましたが、エデンの若くパワフルなプレイが既存メンバーに緊張感と新たな血を与えて、苗場のグルーヴを特別なものにしています。
前回のフジロック来日での伝説的ライブ(グリーンステージ最長演奏時間記録を作った)に比べて今回のライブはほぼ2時間のステージで、ロバート・スミスの表現フォームを絶妙にバランスした、洗練されたセットリストになっております。
まず、重厚で荘厳なフレーズが響きわたる”Plainsong”を始まりに”Pictures Of You”、”High”Title”と、苗場の空に向かって突き抜けるような爽やかな曲が続き、キュアーの真骨頂とも言えるちょっぴりおセンチな”A Night Like This”、”Lovesong”、”Last Dance”で鳴らしたネオ・サイケデリックのユーフォリックな雰囲気が会場を包みます。
中盤で、ロバートが笛を吹き鳴らし、ヘヴィに熱狂の渦を作り出した”Burn”。意外なほどダンサブルに変貌した”Fascination Street”からクラブ向きのダンスチューンの”Never Enough”へとなだれ込むという完璧すぎる流れはファン必聴です。
アンコールでは文句なしの7曲、全世界の青春アンセム”Boys Don’t Cry”で締めくくり、本セットの美味しいところを再抽出したかのような濃密なアンコールとなっております。
今年で結成から40周年を迎えたザ・キュアー。そんな彼らの現在のキュアーのモードを知る上ではもってこいの一枚となっておりますし、初心に戻った洗練されている本作のステージ、セットリストはキュアー初心者でも充分にお楽しみいただけると思います。

Fuji Rock Festival '19, Green Stage, Naeba Ski Resort, Yuzawa, Japan July 28 2019

Setlist:
01.Plainsong
02.Pictures Of You
03.High
04.A Night Like This
05.Lovesong
06.Last Dance
07.Burn
08.Fascination Street
09.Never Enough
10.Push
11.In Between Days
12.Just Like Heaven
13.From The Edge Of The Deep Green Sea
14.Play For Today
15.A Forest
16.Shake Dog Shake
17.Disintegration*(マスター起因による映像、音飛びがあります)

Encore:
18.Lullaby
19.The Caterpillar
20.The Walk
21.Friday I'm In Love
22.Close To Me
23.Why Can't I Be You?
24.Boys Don't Cry

Length: 119min

Your recent history

Members only page

ログイン

Recommended

Best sellers

About the owner

JUNYA GOTOH

掲載されていない商品数多くありますのでぜひ店頭まで! メール会員様割引、スタンプカード発行など特典盛沢山で皆様のお越しをお待ちしております。

Mobile