X / LIVE IN PORTLAND 1982 (1CDR)

型番 STCD-19032
販売価格 1,500円(内税)
購入数

* STCD-19032 // X / LIVE IN PORTLAND 1982

Recorded Live at Euphoria, Portland, OR, October 24, 1982
EX-SOUNDBOARD Recording // 2019 Original Remaster

John Doe, Billy Zoom, Exene Cervenka and D. J. Bonebrake

1. Intro
2. The Once Over Twice
3. Real Child Of Hell
4. Riding With Mary
5. Soul Kitchen
6. The Hungry Wolf
7. Sex & Dying in the High Society
8. Blue Spark
9. You're Phone's Off the Hook, But You're Not
10. We're Desperate
11. The Have Nots
12. Nausea
13. Under the Big Black Sun
14. Johnny Hit & Run Paulene
15. How I (Learned My Lessons) - fade out
16. fade in - Los Angeles
17. Some Other Time
18. Beyond & Back
19. Because I Do
20. Sugarlight
21. Motel Room in My Bed - Year 1
22. Back 2 The Base
23. It's Who You Know - fade out

2019年現在なおも現役、LAパンクの至宝 "X"の1982年オレゴン州でのライブ音源が極上極上極上SBDにて初登場。テープ交換のブランクやチャプターは丁寧に整えられています。
ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・アルバム500にも選出されている1stアルム"Los Angeles"(The DoorsのRay Manzarekプロデュース)からElektraデビューアルバムの3rdアルバム"Under The Big Black Sun"までの曲から構成されております。
Xのサウンドの魅力はフロントマンJohn Doeと紅一点Exene Cervenkaのツインボーカル、土着的なカントリー・ロカビリーを貴重としたシンプルなロックサウンド。後期はよりルーツミュージック寄りになるが。その1stアルバム収録、プロデューサー、Ray Manzarekが在籍していたThe DoorsのSoul Kitchenのパンクカヴァーも必聴です。Xと言えばX JAPANがJAPANを付けるきっかけになったバンドでも有名。昨今の音楽性の拡大に多大な貢献をした偉大なロックバンドであります。必聴ですよ。あのレッチリのフリーも大ファンで足繁くライヴに通っていたらしいですよ。

Your recent history

Members only page

ログイン

Recommended

Best sellers

About the owner

JUNYA GOTOH

掲載されていない商品数多くありますのでぜひ店頭まで! メール会員様割引、スタンプカード発行など特典盛沢山で皆様のお越しをお待ちしております。

Mobile