X-RAY SPEX / LIVE AT CBGB 1978 (1CDR)

型番 STCD-19033
販売価格 1,500円(内税)
購入数

* STCD-19033 // X-RAY SPEX / LIVE AT CBGB 1978
Including 2 shows at CBGB 1978

Poly Styrene - vocals
Rudi Thompson - saxophone
Jak Airport - guitar
Paul Dean - bass
B. P. Hurding - drums

Recorded Live at CBGB's, New York City, NY, March 17, 1978
1. Art-I-Ficial
2. Obsessed with You
3. Let's Submerge
4. Identity
5. Plastic Bag
6. I Live Off You
7. Germ Free Adolecents
8. I'm A Poseur
9. Genetic Engineering
10. I'm a Cliche
11. The Day The World Turned Day-Glo
12. Oh Bondage Up Yours
13. Art-I-Ficial
14. Identity
Recorded Live at CBGB's, New York City, NY, March 25, 1978 (2nd set)
15. Art-I-Ficial
16. Obsessed With You
17. Identity
18. Let's Submerge
19. Plastic Bag
20. I Live Off You
21. I Am A Poseur
22. Genetic Engineering
23. I Am A Cliche
24. The Day The World Turned Day-Glo
25. Oh Bondage Up Yours!
26. I Am A Cliche

未だ初期パンクファンの間で不動の人気を誇る、紅一点ポリー・スタイリン率いるX-RAY SPEXの78年CBGBライブ音源が登場。
1978年CBGBで行われた2つのライヴをカップリング収録。それぞれ曲間はカットしてありますが両ライヴ共楽曲はノーカット完全収録。いずれもオーディエンス収録ですが3月17日はヴォーカルの迫力が近く録られており、3月25日は少しヴォーカルがこもり気味でしたがリマスタリングにより可能な限り掘り起こされ、どちらも会場の熱気と白熱の演奏はバッチリ捉えられた良好音質です。
女版ジョニー・ロットンとも評された、結成当時10代のポリーのヴォーカルに、サックスをフィーチャーした斬新な音は、パンク界でも語り継がれている。僅か1枚のスタジオアルバムを残し解散(再結成して95年に2ndは出したが不発)。その名盤"Germfree Adolescents"からのセット。「現代のフェミニストパンクの原型」とも言える彼女らの貴重なパンクの聖地CBGBライブ音源を是非聴いて、初期パンク追体験をしてみてはいかがだろう。

Your recent history

Members only page

ログイン

Recommended

Best sellers

About the owner

JUNYA GOTOH

掲載されていない商品数多くありますのでぜひ店頭まで! メール会員様割引、スタンプカード発行など特典盛沢山で皆様のお越しをお待ちしております。

Mobile