OTIS RUSH / LIVE IN CHICAGO 1988 (3CDR)

型番 NRR-CD20143
販売価格 1,900円(内税)
購入数

* OTIS RUSH / LIVE IN CHICAGO 1988 (3CDR)

Recorded Live at Kingston Mines, Chicago, IL, January 08, 1988
NRR-CD20143 *** EX-Audience recording *** 185 min

Otis Rush - guitar, vocal
Snider - keyboards
John Howard - bass
Cadillac Sanford - drums
Ted Nugent - guitar *

DISC 1 (1st set)
1. Band Intro
2. Instrumental
3. Instrumental
4. Otis joins the band
5. GOT MY MOJO WORKIN'
6. Instrumental
7. LONELY MAN
8. GAMBLERS BLUES
9. FEEL SO BAD
10. BLACK KNIGHT
11. Outro

DISC 2 (2nd set)
1. Instrumental
2. HIDEAWAY
3. Otis join the band
4. ALL YOUR LOVE
5. CRAZY 'BOUT YOU
6. AIN'T THAT NEWS
7. RIGHT PLACE WRONG TIME

DISC 3 (3rd set)
1. Intro - Instrumental *
2. unknown *
3. GAMBLERS BLUES *
4. Instrumental
5. LONELY MAN
6. DOUBLE TROUBLE
7. GOT MY MOJO WORKIN'
8. unknown - fade out


極一部でのみ流通していたコレクターによるコレクターのためのハンドメイド・レーベルの貴重タイトルの、コピーではない正当なリイシュー版、ネクロマンサー・シリーズ。初登場から10年経たアイテムに限りマスターを譲り受けることができました。リイシュー用レーベル・エンブレム、新装裏ジャケットにて再登場。

シカゴブルースの雄オーティス・ラッシュの1988年のライヴ音源です。場所はまさにご当地シカゴ。185分に渡り3セットを収録。ソウルフルなヴォーカルも人気菜ラッシュですが、ギターの腕もピカイチ。インストルメンタルも多いのでラッシュの真骨頂スクィーズ・ギターも堪能できます。ジョン・メイオールのブルースブレイカーズにてクラプトンがギターソロ丸コピしていた【オール・ユア・ラヴ】も必聴です。さらに名曲【ギャンブラーズ・ブルース】ではテッド・ニュージェントも客演。オーディエンス録音ですがよく録られており、会場の熱気を体感できる好アイテムです。

Your recent history

Recommended

About the owner

STRANGE LOVE RECORDS

掲載されていない商品数多くありますのでぜひ店頭まで! メール会員様割引、スタンプカード発行など特典盛沢山で皆様のお越しをお待ちしております。

提携サイト DRAGONFLY
DRAGONFLY

Mobile